3人家族は3LDKがおすすめ?部屋割りや間取りを解説!

2022.08.08

3人家族は3LDKがおすすめ?部屋割りや間取りを解説!3人家族は3LDKがおすすめ?部屋割りや間取りを解説!

家庭によって家族構成が異なりますが、人数に合わせて間取りなどを考えるのが好ましいです。間取り・部屋割りはあまり人と話す機会が少なく、3人家族の場合はどのような部屋割りがベストなのかと悩む人も多いでしょう。

本記事では3LDKといった間取りごとの魅力や間取りを決めるポイントについて解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

3人家族は3LDKが良いって本当?おすすめの間取りは?

「不動産屋の男性に相談」

3人家族の人は、3LDKが理想的という噂がありますが、実際に3LDKの間取りを確保できる場合はおすすめです。というのも、3人家族から人数が増えなかった場合、夫婦で1部屋の寝室とし、子供に一部屋渡しても、リビングとダイニングで余裕を持った生活空間づくりができます。

間取り別の魅力!3人家族でのおすすめの使い方

「開放的な寝室」

まずは1LDKから5LDKまでの間取りの魅力について紹介していきます。3人家族の場合はどのような使い方ができるのかについて解説をしていきますので、部屋の使い方について悩んでいる人は参考にしてみてください。

3人で1LDKに住む場合

1LDKは部屋が少しこじんまりとしていますが、ダイニングがあるため、寝室と普段過ごすリビングと分けて生活を送ることができます。3人家族の中でも子供が小さく、一緒に寝るような場合は1LDKでも快適に過ごしやすいです。

3人で2LDKに住む場合

2LDKの場合は、子供の部屋と夫婦の寝室を作り、ダイニングで過ごすようにすると快適な日常を送ることが可能です。他にも親子3人で1部屋の寝室にし、残りの部屋をリビングや客間、食事をダイニングで行うといった部屋割りにするとゆったりとした空間づくりができます。

3人で3LDKに住む場合

3LDKの場合は、子供と夫婦の寝室をそれぞれ確保した後、リビングやダイニングといった2LDKと比べてさらにゆとりのある空間になります。他にもリビングダイニングをみんなが過ごす場所に設定し、もう一部屋を書斎やワーキングスペースにするという方法も。寝室をどのようにするかで部屋の使い方が変わるため、まずは寝室について考えるようにしましょう。

3人で4LDKに住む場合

4LDKは3人家族の中でも、部屋が多く、一人一部屋以上確保できます。子供が成長した場合でもプライベートを守ることができ、夫婦でも別々に寝たいという場合におすすめです。他にも、書斎や趣味部屋・ワーキングスペースといったさまざまな部屋の使い方ができるため、部屋が多い物件に住みたいと考えている場合も4LDKをチェックしましょう。

3人で5LDKに住む場合

5LDKはかなり広く、将来二世帯住宅を検討しているような場合におすすめです。他にも、子供が遊ぶための部屋やお客さんが来た時の客間を作ることもできます。部屋の自由度が高く、一人一部屋ずつを確保しながら目的に合った部屋作りができるため、余裕がある場合に5LDKの物件もチェックしてみましょう。

マンション購入セミナー開催中!

初めてのマンション購入に関する疑問を専門家が徹底解説します!

参加費無料で、オンラインでご自宅から参加可能!
おすすめの物件もご紹介しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

3人家族の部屋割りや間取りを決めるポイントは?

「開放感のあるリビング」

3人家族の場合は2LDKや3LDK・4LDKなどがおすすめですが、間取りを決める際におさえておきたいポイントがあります。

  • 子供部屋をどのようにするか
  • 夫婦の寝室をどのようにするか
  • 来客時や荷物の量について

上記のポイントについて解説をしていきますので、間取り・部屋決めで悩んでいる人は必見です。

子供部屋をどのようにするか

子供の大きさによりますが、最初に子供部屋をどうするか考えましょう。子供が成長すると、どうしても部屋が欲しいと考えるようになりやすいです。小さい間は子供部屋を遊ぶ部屋にし、成長すると子供の部屋にするのがおすすめになります。

夫婦の寝室をどのようにするか

部屋の雰囲気をどのようにするかも重要ですが、夫婦の寝室をどうするかでも部屋の間取りが変わります。夫婦別々で寝るだけでも一部屋ずつ必要になるため、間取りを考えることが必要です。部屋割りを計算していく上で、夫婦の寝室をどのようにするかを決めましょう。

来客時や荷物の量について

来客時には、どこにお通しするのかを考えましょう。リビングを作っておくと、そのまま通しやすいですが、各部屋や寝室だけしかない場合はキッチンに通す形になります。他にも、荷物の量が多い場合は荷物を収納するスペースを確保する必要があるため、来客や荷物の量もチェックしましょう。

3人家族の人におすすめの物件条件

「幸せな家族が料理をしている姿」

3人家族の人におすすめな物件の条件では、下記の7つがあげられます。

  • スーパーや薬局などと近いか
  • 学校から近いか
  • 将来住みやすい物件か
  • 駅からの距離
  • 周辺の騒音
  • 住民や建物の雰囲気を確かめる
  • 収納スペースの確認

それぞれのポイントについて解説をしていきますので、物件選びを視野に入れている人はチェックしてみましょう。

スーパーや薬局などと近いか

スーパーや薬局があると、利便性が良いと感じやすく、快適な日常生活を送りやすい傾向があります。子供がいる場合は急な発熱などの体調不良になりやすいですが、ドラッグストアがあるとすぐに薬を買いやすいです。他にも、スーパーが近いと買い出しの時に足を運びやすい上に、セールに関する広告が届きやすいため、お得に買い物できます。

学校から近いか

学校が近い場合は、子供が成長した際に足を運びやすく、子供の時間を大切にできやすいです。学校が近いと、学校が終わった後にすぐに自宅に戻れるため、放課後の時間を有意義に過ごせます子供の時間を優先したいと考えている場合は学校からの近さも考えるようにしましょう。

将来住みやすい物件か

物件選びの中でも、将来の住みやすさを意識するのがおすすめです。アクセスしやすい場所を選ぶと身体の調子が悪くなったとしても、病院や行きたい場所に足を運びやすくなります他にも、将来住みやすいようにバリアフリー設計や間取りの設計を考えると、長く住みやすいです。

駅からの距離

駅から近い場合はどうしても立地の良さから物件の評価が高くなりやすいですが、実際に住む際にはさまざまな場所に足を運びやすくなるため、快適な日々を送りやすいです。他県に職場がある場合や休日にさまざまな場所に足を運ぶ人にはおすすめします。

周辺の騒音

物件選びの際には、騒音関係に悩まされるケースも少なくありません。内覧の際に騒音を意識してチェックする人もいますが、一度の内覧チェックでは騒音が分かりづらいです。というのも、昼に騒音がそこまでなかったとしても、夜に騒音がするというケースも多いです。なるべく時間帯を変えて周辺の騒音を確認するようにしましょう。

住民や建物の雰囲気を確かめる

賃貸の場合は少ないですが、戸建てに住む場合は周りの人と付きあいが出てしまうため、住民や建物の雰囲気も大切です。住民の雰囲気が自分と合わない場合はご近所トラブルに発展しやすい傾向があります。

収納スペースの確認

物が多い人は、どうしても収納スペースが必要になってしまうため、収納スペースが多い物件や部屋を意識しましょう。収納スペースを最初に意識しておくことによって、後から荷物が増えたとしてもスムーズに対応できやすいです。

部屋割りや間取りを意識して3人家族に合った物件を見つけよう

部屋作りや間取りは悩んでしまいやすいですが、3人家族の場合は2LDKから3LDKがおすすめです。他にも、周辺環境や将来どのように考えているのかを視野に入れて決めると理想的な部屋・家にできます。理想的な家にするために、様々な点を意識して物件決めを行いましょう。

マンション購入セミナー開催中!

初めてのマンション購入に関する疑問を専門家が徹底解説します!

参加費無料で、オンラインでご自宅から参加可能!
おすすめの物件もご紹介しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

理想の物件を探す

さらに見る