5畳の部屋って寝室にできる?寝具の選び方もあわせて紹介

2021.12.29

5畳の部屋って寝室にできる?寝具の選び方もあわせて紹介5畳の部屋って寝室にできる?寝具の選び方もあわせて紹介

2LDKや3LDKのマンションの間取りでは、5畳ほどの部屋がよくありますよね。この5畳の部屋は、寝室として使えるのでしょうか。

こちらでは、5畳の部屋を寝室として使う場合の選ぶべきベッドの大きさ、快適に過ごすための工夫、寝室として使う際の気をつけるポイントをお伝えします。ぜひ、参考にしてみてください。

5畳の広さってどのくらい?

観葉植物が置かれているリビング

5畳とは、どのくらいの広さなのでしょうか。畳5枚分の広さであるとは分かっていても、畳自体がどれほどの大きさなのか、今ひとつピンときませんよね。

5畳とは一体何㎡なのか、寝室として使えるほどの広さなのかを、くわしく説明していきます。

1畳は1.62m2なのでその5枚分

不動産の表示に関する公正競争規約施行規則により、1畳は1.62㎡以上と定義されています。

つまり5畳は、1.62㎡が5枚分、1.62㎡×5=8.1㎡となります。

ただし、実際の畳の大きさは地方によって異なります。有名なのは、京関、中京間、江戸間、団地間で、一番大きな京間と一番小さな団地間では1.88㎡も違います。

中京間京間江戸間団地間
使われる地域東京・愛知など西日本東日本公団住宅
5畳の面積8.26㎡9.12㎡7.74㎡7.24㎡

こちらでは、公正競争規約施行規則に則り、5畳=8.1㎡と考えて説明していきます。ちなみに、5畳はメートルで考えると、正方形の部屋で2.85m×2.85mとなります。

寝室なら何畳くらいがベスト?

小さめの寝室の写真

寝室の平均的な広さは、一人で寝る場合は4.5畳、夫婦で寝る場合は6~8畳です。しかし、寝室を他の用途でも使いたいのか、それとも寝るだけの部屋と捉えるのかで、快適だと思える広さは変わってきます。5畳程度の狭い部屋でも、工夫次第ではスペースを広々と使うこともできます。自分にとってベストな広さを考えてみましょう。

何人で寝るかを考慮しよう

家族4人で眠っている様子

何人で寝るかによって、快適な寝室の広さは変わります。5畳の部屋は寝室にできるのか、一人用、夫婦用、三人の家族で使うことを想定してみていきましょう。

一人用なら余裕?

5畳の寝室は、一人で使うには十分な広さといえます。シングルベッドの他にデスクなどを設置して、書斎スペースを作ることも可能です。5畳あれば、チェストやシェルフなどを置いても広々としたベッドスペースを確保できます。

夫婦だとちょっと狭い?

5畳の部屋にダブルベッドを置いて、夫婦で使うことも可能です。ただし、大きな家具を置くほどの余裕はありません。寝るだけのスペースと考えるならば、5畳の部屋を夫婦の寝室として使うのは問題ないでしょう。

子どもと三人はキツい?

5畳の部屋に、三人用のキングサイズのベッドを置くことも可能ではありますが、部屋の大半がベッドで占領されてしまい、扉やクローゼットの開け閉めができなくなる恐れがあります。子どもの年齢にもよりますが、5畳の部屋にベッドを置いて三人が眠るのは難しいでしょう。

寝具の目安は?

シンプルな寝室

5畳の寝室には、どのくらいの大きさのベッドを置けるのでしょうか。それぞれのベッドの大きさを確認し、5畳(285cm×285cm)の部屋に設置可能かをみていきましょう。

サイズの名称
セミシングル80~90cm×195cm
シングル90~100cm×195cm
セミダブル120cm×195cm
ダブル140cm×195cm
クイーン160cm×195cm
キング180~200cm×195cm

ダブルベッドは置ける?

ダブルベッドは140cm×195cm。この大きさであれば、285cm×285cmの5畳の部屋に置くことは十分可能です。生活動線も確保出来るので、寝室として使うことに問題はありませんが、大きな家具を設置するほどのスペースはないということを覚えておきましょう。

シングルベッド2台は置ける?

シングルベッドは90~100cm×195cm。これを二つ並べると、キングサイズのベッドと同じ180~200cm×195cmになります。285cm×285cmの5畳の部屋に置くことは可能ではありますが、サイドテーブルなど、ちょっとした家具を置くスペースもほとんど確保できません。また、部屋にクローゼットが備え付けられている場合、扉に干渉しないかなど、生活動線を確保できるかを確認する必要があります

快適な寝室にするための工夫

女の子が眠っている写真

寝室は一日の疲れを癒し、心をリラックスさせる大切な空間です。広々としたスペースを設けられたら良いですが、他の部屋との兼ね合いもあり、狭くなってしまうこともありますよね。こちらでは、5畳の部屋でも快適な寝室をつくるための工夫をご紹介します。

①折りたたみベッドや収納付きベッドでスペースを確保

5畳部屋を寝室にする場合、ベッドで部屋の大半が埋まってしまいスペースに余裕がなくなることが一番の問題点ですが、選ぶベッドによっては、空間に余裕を持たせることができます

折りたたみベッドを選べば、使わないときに折りたたんで小さくできるので、部屋を広く使うことができます。また、収納付きベッドを使用することで、収納家具を置く必要がなくなり、余裕のあるスペースを確保できるでしょう。

②ヘッドレスやロータイプのベッドを選び、空間に余裕を持たせる

ヘッドレスベッドを選ぶことで、ヘッドボードの圧迫感がなくなり部屋を広く見せることができます。また、棚付きのタイプに比べると20~30センチほどベッドのサイズが小さくなるので、スペースに余裕を持たせることができます。

また、ロータイプのベッドも、ベッドの高さがなくなる分、空間を広く見せることができます。すっきりとした空間を作りたい場合は、ヘッドレスやロータイプのベッドを選ぶと良いでしょう。

③ベッドリネンやインテリアの色を考える

ベッドリネンやインテリアを、白やベージュなどの明るい色で統一すると、部屋を広く、明るく見せることができます。開放的な空間を作りたいのであれば、寝室のリネンやインテリアは、暗い色を避け明るい色を中心に配色しましょう。

5畳を寝室にする場合の部屋選びで気をつけたいポイント

キーポイントのオブジェ

寝室は、快適な睡眠をとることが目的の部屋です。寝室を作る際には、広さやレイアウト以外にも注意すべき点がいくつかあります。こちらでは、快適な寝室のための部屋選びのポイントをご紹介します。

①収納があるかを確認

5畳の部屋にダブルベッド以上の大きさのベッドを置くと、大型家具を置くスペースがなくなってしまいます。家具を配置しなくても必要な物の収納が出来るよう、クローゼットなどの収納がついているのかを確認しましょう。

②窓の大きさや位置を確認

光をたくさん取り込むことができる大きな窓は、明るく開放的な部屋作りには欠かせないものです。しかし、寝室の場合は、あまりにも大きすぎる窓は、差し込む光が眩しくて眠りが妨げられてしまう可能性や、暑い、寒い、プライバシーが気になるなど、さまざまなデメリットがあります。5畳の部屋だとベッドの位置を自由に変えるのは難しいので、窓からの光の差し込みやプライバシーの確保などを考えてベッドを配置できるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

③部屋の位置を確認

部屋の大きさに関わらず、寝室がリビングやキッチンの隣にあると、生活音や光の漏れが気になり、快適な睡眠を妨げてしまう恐れがあります。寝室は、なるべく独立した位置にある部屋を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか。5畳の寝室は、一人暮らし、二人暮らしならば十分ですが、三人以上で眠るには難しい広さです。家族構成やライフスタイルに合わせて、寝室にすべきかを検討してみてください。

5畳の部屋は狭くはありますが、工夫次第では広々とした開放的な空間をつくることができます。5畳ほどの小さい部屋を寝室として使う際は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

理想の物件を探す

さらに見る