5畳の部屋ってどうなの?狭い?おすすめの使い方とレイアウトを紹介

2021.12.27

5畳の部屋ってどうなの?狭い?おすすめの使い方とレイアウトを紹介5畳の部屋ってどうなの?狭い?おすすめの使い方とレイアウトを紹介

物件を決めるときに部屋の広さは大事なポイントとなります。今の家具は入るのか、快適に生活できるスペースは確保できるかなど、気になることも多いでしょう。

この記事では、5畳の部屋にフォーカスして、広さはどのくらいなのか、どの程度の家具が置けるのかなどを中心に解説していきます。

 5畳ってどのくらいの広さ?

家の間取り図では、各部屋の広さが「〇畳」であらわされています。実際には畳をひいていないフローリングの部屋であっても、広さは畳で記載するのが一般的です。

では、5畳はどのくらいの広さになるのでしょうか。

 1畳は1.62m2なのでその5枚分

家具の置いていない部屋

5畳の広さを説明する前に、たたみ1畳の面積について説明しておきましょう。実はたたみの大きさは日本全国共通ではなく地域によって差があるのです。

全国で使われている主なたたみのサイズは次の通りです。

呼び名1畳のサイズ主に使われる地域
京間(きょうま)191㎝×95㎝西日本エリア
中京間(ちゅうきょうま)182㎝×91㎝中京エリア
江戸間(えどま)176㎝×88㎝東日本
団地間(だんちま)170㎝×85㎝公団やアパート

このように和室で使われるたたみのサイズは地域によりさまざまです。しかし不動産の表記においては、「不動産の表示に関する公正競争規約及び施行規則」によって、「住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合においては、畳1枚当たりの広さは1.62平方メートル以上の広さがあるという意味で用いること。」と定められています。

したがって、物件情報に記載されている畳数は、1畳あたり1.62m2を目安に考えてよいでしょう。これはたたみのサイズにすると190㎝×80㎝にあたります。

5畳の部屋はたたみ5枚分の広さですから、1.62m2を基準に計算すると8.1 m2になります。

 参考:不動産の表示に関する公正競争規約及び施行規則 https://www.jfftc.org/rule_kiyaku/pdf_kiyaku_hyouji/real_estate.pdf

 5畳の部屋って狭いの?用途別に考よう

5畳の部屋のおおよその広さは8.1 m2です。仮に正方形の部屋とした場合、一辺の長さは約2m85cmほどになります。これをふまえて、5畳の広さが十分かどうかを部屋の用途別に考えてみましょう。

夫婦の寝室だと?ベッドはどのサイズならおける?

間取り図を描く男性の手元

5畳の部屋を夫婦の寝室とした場合、ベッドはセミダブルサイズまでがおすすめです。

ベッドマットレスの標準サイズは次の通りです。

 ・シングル:97㎝×195㎝

・セミダブル:120×195㎝

・ダブル:140×195㎝

 まずシングルベッドをひとつ置いた場合ですが、壁に長辺をつければ188㎝ほどのスペースが余りますから、ベッドのほかにチェストやドレッサー、テレビなどを置くこともできるでしょう。

しかし、夫婦でシングルベッドひとつというのも窮屈ですから、たいていはセミダブル以上、もしくはシングル2台を置きたいと考えるのではないでしょうか。そこでそれぞれのサイズのベッドを置いた場合の部屋の残りのスペースを考えてみます。

セミダブルベッドを置いた場合は、空きスペースは168㎝ほどになります。チェストやドレッサーも置けるでしょう。

ダブルベッドを置いた場合の空きスペースは148㎝ほどになります。チェストやドレッサーを置くと、引き出しの開閉や椅子の出し入れに少し不便を感じるかもしれません。

シングルベッドを2台置いた場合はどうでしょうか。シングルベッド2台分はマットレスの大きさだけで考えても約2mになり、ほぼ部屋全体をベッドが占めてしまう状態です。ドアの開閉や歩行場所の確保も難しくなることが予想されます。5畳程度の寝室には、シングルベッドを2台置くことは不可能だと考えましょう。

ここまでマットレスのサイズを基準に5畳の寝室に各サイズのベッドを置いた場合を考えてきましたが、実際はベッドフレームのデザインによってはベッドの占める面積がもっと大きくなりますし、掛布団をかければさらにスペースを要します。5畳の寝室を心地よく使うのであれば、セミダブルまでのサイズを選ぶのがよいでしょう。

子ども部屋

おしゃれな子供部屋

5畳の部屋を子ども部屋にした場合はどうでしょうか。子ども部屋に必須といえるベッドと学習机を置いた場合を考えてみます。

ベッドはシングルで97㎝×195㎝、学習机は一般的に120㎝×60㎝くらいサイズの目安です。一方の壁にベッドの長辺をつけて置き、向かいの壁に学習机を置いたすると、単純計算で間に128㎝のスペースが残ります。椅子の出し入れを考えても、これだけのスペースがあれば問題なく生活できるでしょう。

ベッドと学習机だけなら5畳の部屋で十分ですが、チェストや電子キーボードなどを置きたい場合は少し工夫が必要かもしれません。全部を並べて置くのは通路がほとんどなくなってしまうでしょうから、夜中にトイレに起きることや、災害が起きたときの安全も考慮するとおすすめできません。洋服はベッド下のスペースにボックスを置いて収納する方法もあります。また、ロフトタイプのベッドを選べば、ベッドの下に机や本棚を置いて勉強スペースにすることもできます。物が多い場合はレイアウトを工夫してみてください。

書斎

スッキリとまとまったデスクスペース

書斎は最低限、デスクが置けるスペースがあれば成り立ちます。5畳の部屋なら書斎としての広さは十分といえるでしょう。5畳あればデスクのほかに本や資料、趣味の小物なども余裕で置けます。

書斎は狭い方が落ち着く、2~3畳あれば十分という人なら、パーテーションなどで5畳部屋を書斎と家事室に分けて夫婦で使うのもアイデアのひとつです。

和室

和室の画像

たたみ5枚は部屋の形に配置するのが難しいので、和室の5畳の部屋はなかなか珍しくなります。5畳の和室があるとすれば、たたみを同じ向きにずらっと並べた細長い部屋になり、使い道も限られてくるのではないでしょうか。サービスルームのように考えて、ちょっと昼寝をする場所や家事をするスペースとして使うのが5畳の和室には向いているでしょう。

 おすすめのレイアウトを紹介 

シンプルな間取り図2枚が置かれた机

部屋の印象や使い勝手は家具の配置で変わってきます。寝室を例にとって、5畳の部屋のレイアウトをイメージしてみましょう。

正方形の部屋は?

寝室の大きな家具といえばベッドです。ベッドをどこに配置するかで部屋のイメージがかなり決まってきます

部屋が正方形の場合、サイズ的にはベッドをどの壁にでもつけて置くことができ、ベッドを置いて足元に残った空間にテレビを配置することもできます。ベッドの足元にテレビを置けば家具が部屋の一方に集中するので、シングルベッドとテレビを置いても部屋の半分以上のスペースがフリーになります。ベッドの逆側の壁に沿ってチェストを置いてもよいでしょう。

ベッドを部屋に入って正面の壁に沿わせ、チェストを手前の壁に沿わせれば、ドアを開けたときに背の高い家具が目に入りにくくなり、部屋がすっきり見えます。

長方形の部屋は?

長方形の部屋の場合、ベッドを長いほうの壁と短いほうの壁のどちらに沿わせるかで印象が変わります。短い方の壁に沿わせれば正方形に近いスペースが残るので、あとのスペースの使い道が広がります。部屋の中央の小ぶりのローテーブルを配置することもできるでしょう。

長いほうの壁に沿わせると、残りのスペースが細長くなって狭さを感じます。しかし、ベッドと同じ壁に沿わせてほかの家具も配置できるので、窓やドアの関係で一辺に家具をまとめたい場合にはよいでしょう。

部屋探しで5畳の部屋がある際にチェックしたいポイント

チェックポイントにチェックをする人の写真

5畳の部屋は少し手狭ではありますが、寝室、子ども部屋、書斎などに利用できます。自分たち家族が暮らすにあたり、5畳の部屋を有効利用できるかどうか、家族構成や暮らし方に当てはめて今一度考えてみましょう。

 まとめ

5畳の部屋の広さは約8.1 m2で、正方形の部屋なら一辺が2m85cmほどです。少々手狭ではありますが、セミダブルベッドが置けるくらいの広さはありますので、夫婦の寝室として使うことも可能でしょう。シングルベッドと学習机を置いて子ども部屋にもできますし、書斎にも十分な大きさです。

同じ5畳の部屋でも、正方形か長方形か、家具をどう配置するかで印象が変わります。寝室や子供部屋にする場合は、特に大きい面積を占めるベッドの位置がポイントとなるでしょう。

物件を選ぶ際は、自分たちのスタイルに5畳の部屋のある物件が適しているかどうか、家族構成や暮らし方と照らし合わせて考えましょう。

理想の物件を探す

さらに見る