1LDKで書斎は作れる?リビングを有効活用できるレイアウトをご紹介

2022.05.27

1LDKで書斎は作れる?リビングを有効活用できるレイアウトをご紹介1LDKで書斎は作れる?リビングを有効活用できるレイアウトをご紹介

書斎がほしいとは思っても、「間取りが1LDKで部屋の数に余裕がない」という理由で諦めている人も多いのではないでしょうか?部屋数が少ないからといって、諦める必要はありません。

今回は、書斎のメリット・デメリットとあわせ、レイアウトのアイデアなど、1LDKの部屋に書斎をつくるコツをご紹介します。家に書斎があれば、暮らしがより豊かになりますよ。

書斎はあるといい?

シックな雰囲気の書斎

大人になると、自分専用の部屋がある人は少ないですよね。とくに子育て中だと、書斎よりも子ども部屋を優先することになるでしょう。

部屋数に余裕があるなら、書斎をつくるのがおすすめです。趣味を楽しんだり仕事をしたりと、書斎は使い道が多いので、つくっておけば生活がより快適になること間違いなしです。

マンション購入セミナー開催中!

初めてのマンション購入に関する疑問を専門家が徹底解説します!

参加費無料で、オンラインでご自宅から参加可能!
おすすめの物件もご紹介しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

書斎があるメリット

デスクスペースの一角

自宅に書斎があると、どんなメリットがあるでしょうか?書斎の主なメリットを3つご紹介するので、確認しておきましょう。

①大事なものを整理整頓できる

書斎があれば、机や本棚を設置できるため自分の持ち物をきれいに整頓しておけます。仕事で使う大事な書類を自宅で失くしてしまったという経験はありませんか?書斎の机にしまうことで、失くしてしまったり汚してしまったりという失敗はせずに済みます

②在宅ワークがはかどる

近年は在宅ワークを取り入れる企業が増えていますが、自宅だと仕事に集中できないという人もいます。そこでおすすめなのが、書斎です。書斎の机に座ることで、頭と体が仕事モードに切り替わり集中できるようになるでしょう。

家族がいる人は、とくに書斎をつくるべきです。子どもの遊ぶ声や家事をする音が聞こえるなかでは、仕事に集中することは難しいでしょう。書斎があれば周りの音をシャットダウンできるため、在宅ワークがやりやすくなります

③プライベートスペースができる

同棲している人や家族が多い人は、なかなか自宅で自分一人になれる空間がありませんよね。書斎があれば、自分だけのプライベートスペースができるというのもメリットです。

悩み事があるとき、パートナーとケンカしたときなどは、書斎で一人になるとよいでしょう。一人になってみることで、頭が冷静になれます。

1LDKで書斎は作れる?

様々な間取り図

1LDKの間取りでも、書斎をつくることは可能でしょうか?1LDKで書斎をつくるなら、方法は2つになります。

一部屋を書斎にしてしまう

もっとも簡単なのが、独立した一つの部屋を書斎として使う方法でしょう。1LDKに部屋は一つしかないため、書斎をつくるならこの部屋しかありません。

しかし、一部屋を書斎にしてしまう方法で注意すべきなのが、寝室をどうするかという問題です。寝室は必要不可欠なので、書斎と寝室を兼ねるか、寝室とリビングを兼ねる以外にないでしょう。書斎と寝室を兼ねるとなると、机・ベッド・タンスなどの家具をすべて置ける、6畳以上の大きさの部屋が必要になりますね。

リビングに書斎スペースを設ける

一部屋を書斎にすることに抵抗がある場合、リビングの一角に書斎スペースをつくる方法がおすすめです。書斎スペースを設けるといっても、難しく考える必要はありません。

リビングの端に机を設置する・室内用の在宅ワークテントを用意するだけでも、書斎スペースになります。一部屋は別の部屋として使いたいという場合は、試してみてください。

リビングに書斎スペースを作るなら!レイアウトの工夫ポイント

間取り図とペン

リビングに書斎スペースをつくるときは、レイアウトにコツがあります。ちょっとの工夫で簡単に書斎スペースができるので、ポイントを3つ覚えておきましょう。

①飾り棚や本棚でスペースを区切る

すでにある飾り棚や本棚を使うことで、リビングの一部を書斎スペースにすることができます。やり方はとても簡単。リビングの一部分を残し、飾り棚などに背を向ける形で設置するだけです。

できたスペースに机や収納棚を置けば、立派な書斎になるでしょう。1〜2畳ほどの広さになる場合もありますが、その狭さのおかげで集中できる空間になります。

②室内用テントがあると簡単

室内で使える、在宅ワーク用のテントがあることをご存知でしょうか?在宅ワークの広がりから、ホームセンターなどで室内専用のテントが販売されています。設置したテントのなかに机やパソコンを置けば、書斎の完成です。

室内用テントは、家具の配置を工夫しなくても書斎スペースがつくれるのが便利なポイント。程よい狭さの空間は秘密基地のなかにいるようで、大人でもワクワクしますよ。

③ダイニングスペースを書斎として利用する

リビングに書斎をつくるなら、ダイニングスペースを活用するとよいでしょう。リビングとダイニングを兼用することで、ダイニングスペースを書斎として使うことができます。

ダイニングとリビングを分けるには、ソファを使うと簡単です。部屋の真ん中にソファを配置し、ソファの背面側を書斎として使います。ワークスペースである書斎とくつろぎスペースであるリビングがはっきり分けられるので、メリハリのある生活がおくれますよ。

1LDKの一部屋を書斎にするメリット・デメリット

メリットとデメリットの一覧

1LDKの間取りで書斎をつくるには、2つの方法があると冒頭で紹介しました。一部屋を書斎にする場合のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

メリットは、十分な広さの書斎がつくれるという点です。一部屋をまるまる書斎にすることで、机や本棚を設置しても十分な広さを確保できるでしょう。

また、ドアを閉めれば完全な個室になるのも嬉しいポイント。個室になっていると、リビングで作業するよりも集中力が上がること間違なしです。

デメリット(寝室と分けられなくなる)

1LDKは独立した部屋が一つしかないため、その一部屋を書斎にしてしまうと、寝室にできる部屋がなくなってしまいます。そのため、寝室と書斎を兼用しなければならないのはデメリットです。

書斎と寝室が兼用の部屋だと、机や本棚を置き、その横にベッドを置くことになりますよね。部屋が狭くなるうえ、仕事と寝るときのメリハリがつきづらくなることも考えられます。

1LDKでリビングに書斎を作るメリット・デメリット

パソコンを打つ女性の手元

1LDKのリビングに書斎をつくる場合も、メリットとデメリットがあります。メリット・デメリットを知り、つくるときの参考にしてください。

メリット

リビングに書斎をつくったときの最大のメリットが、ゆっくりくつろげる広い寝室がつくれるという点です。1LDKは部屋が一つしかないため、その部屋をどう使うかが暮らしを左右するポイントになってきます。

書斎はリビングにつくることで、部屋は寝室として使えますよね。寝室にはベッドを置き、好みのインテリアで揃えれば、一日の疲れを癒せる快適な寝室になること間違いなしです。

デメリット

デメリットといえるのは、リビングが書斎のせいで狭くなってしまうという点でしょう。一般的な1LDKの部屋の場合、リビングの広さは8〜12畳ほどであることが多いです。

8畳のスペースに、キッチン・ダイニング・リビング・書斎をつくらなければいけないとなると、ゴチャゴチャした部屋になってしまうこともあるでしょう。スッキリした印象の部屋にしたいなら、書斎とリビングは別にするのがおすすめです。

個室の書斎が欲しいなら1SLDKがおすすめ

カラフルな小物が使用されたワンルーム

どうしても書斎がほしいなら、1SLDKという間取りの物件を探してみましょう。「S」は、サービスルームの略語です。サービスルームとは、窓の大きさや採光設備の関係で、建築基準法上の「居室」と認められなかった部屋のことをいいます。

サービスルームは、用途に決まりがありません。どんな使い方をしてもよいため、書斎として使えば実質2LDKの間取りになります。書斎が必要なくなったら納戸やクローゼットとして使えば、無駄になることもないでしょう。

書斎をつくれば在宅ワークの効率が大幅アップ!

1LDKの間取りで書斎がほしいなら、一部屋を書斎にするかリビングの一部につくるしかありません。書斎と寝室を兼用にしたくないという人には、リビングのレイアウトを工夫して書斎スペースをつくる・1SLDKの間取りを選ぶという方法がおすすめです。

書斎をつくるのは一見難しく感じますが、工夫次第で1LDKの間取りでも立派な書斎がつくれます。書斎があることで、仕事をするときの集中力が格段にアップすること間違いなしです。

マンション購入セミナー開催中!

初めてのマンション購入に関する疑問を専門家が徹底解説します!

■セミナー内容:
・中古マンションのメリット・デメリット
・物件購入の全体的なスケジュール
・物件選びのポイントと探し方
・購入と賃貸ではどちらがお得?
・購入にかかるお金と資金計画の立て方

参加費無料で、オンラインでご自宅から参加可能!
おすすめの物件もご紹介しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

理想の物件を探す

さらに見る