6畳ってどのくらいの広さ?子どもへ部屋に男女二人の場合はどうやってレイアウトする?

2021.12.09

6畳ってどのくらいの広さ?子どもへ部屋に男女二人の場合はどうやってレイアウトする?6畳ってどのくらいの広さ?子どもへ部屋に男女二人の場合はどうやってレイアウトする?

ファミリー向けのマンションの場合、リビング・ダイニング・キッチン以外の部屋は4.5~6畳程度であることが多いです。6畳あればベッドや勉強机が置けるため、子ども部屋としても十分な広さといえます。

子ども一人ひとりに個室を用意できれば良いですが、部屋数が少なかったり子どもが多かったりして難しいケースもあるでしょう。その場合、1つの部屋を仲良く使ってもらわなければなりません。子ども部屋を二人以上で使う場合のレイアウトや、男女のきょうだいで部屋を使う場合のレイアウトをご紹介します。

子ども部屋にはどのくらいの広さ必要?

広い子ども部屋は快適ですが、片付けが大変というデメリットもあります。ほどよい広さがベストとはいえ、実際に子ども用のベッドや勉強机を置いてみないことにはどのくらいの広さが必要なのかわかりにくいですよね。部屋を使う人数別に、おすすめの広さをお伝えします。

一人で使う場合

子ども部屋で遊ぶ女の子

子ども部屋を一人で使うのなら、4.5~6畳あれば十分な広さといえます。幼稚園や学校から帰ってきてリビングで過ごし、宿題をするだけ、あるいは寝るだけの部屋であればそれ以上の広さは必要ありません。

4.5畳や5畳の部屋なら友達を招いて遊ぶには少し狭いかもしれませんが、6畳あればベッドと勉強机の間にラグを敷いたりコンパクトなテーブルを置いたりできますよ。

二人で使う場合

シックな色味でまとめられた子供部屋

一つの子ども部屋を二人で使う場合、6~8畳あると過ごしやすいでしょう。8畳あればベッドを2台置くこともできますが、6畳であればスペースをとらない二段ベッドがおすすめです。それぞれの勉強机やランドセルラックを置くスペースもあり、子どものものをすべて子ども部屋に収納することが可能です。

ただし、将来的に部屋を仕切って使いたいと考えるなら、半々にして4.5畳ずつと考えても9畳は必要ということになります。

三人以上で使う場合

ボールで遊ぶ3人の子ども

三人以上で一つの子ども部屋を使うなら、少なくとも8~10畳はほしいところ。小さいうちは6畳でも二段ベッドを置けば下に二人、上に一人で寝られても、全員が小学生になる頃には確実に窮屈になります。

8~10畳の部屋を三人で使う場合、全員のプライバシーを確保するのは難しいかもしれません。一番上の子が思春期を迎えたら、両親の寝室や書斎を譲ってあげることも検討しましょう。

6畳の部屋を一人で使う時のレイアウト例

6畳の子ども部屋を一人で使うなら、勉強に集中しやすいレイアウトや友達を招きやすいレイアウトなどさまざまなパターンを実現できます。おすすめのレイアウトをご紹介しますので、子どもの希望に合わせて考えてみてくださいね。

部屋にベッドだけを置き勉強はリビングで

可愛らしい子ども部屋

6畳の部屋にベッドだけを置くレイアウトは、リビングで宿題や勉強をしたい子どもにおすすめです。親が勉強をみてあげるのは、成績のためだけでなく親子のコミュニケーションを深めるためにも大切なことですよね。

6畳の部屋にシングルベッドだけを置くレイアウトなら、趣味のものを置くスペースも友達を招いて遊ぶスペースも十分にあります。好きなものでいっぱいの部屋になるはずですよ。

部屋のベッドと机を置き勉強部屋に

壁に貼られた雲のイラストが印象的な子供部屋

ベッドと机を置くシンプルなレイアウトは、宿題や勉強をする際に一人で集中したい子どもにおすすめです。リビングは家族の存在が感じられるのは良いですが、生活音が気になり集中しにくい環境ともいえます。親が宿題をチェックする時期を過ぎたら、子ども部屋を勉強しやすい部屋にしてあげましょう。

机があれば勉強だけでなく絵を描いたりパソコンを使ったりすることもでき、趣味の幅も広がるはずですよ。

6畳の部屋を同性二人で使う場合のレイアウト例

外で元気に遊ぶ2人の男の子

続いて、6畳の部屋を男の子同士、女の子同士のきょうだいで使う場合のレイアウトをご紹介します。二人分の家具を配置することになり難しいと感じるかもしれませんが、上手にレイアウトすることでより快適な部屋になりますよ。

二段ベッドを使い2つの机を隣合わせにする

二人で6畳の部屋を使うなら、二段ベッドが便利です。ベッド1つ分のスペースで足りるので、机を横に並べて配置できます。あらかじめ勉強する時間を決めておけば、どちらかが遊んでいる音が気になり集中できないといった問題を避けられるでしょう。

同性のきょうだいでも、思春期以降はプライバシーの配慮が必須。二段ベッドはパーソナルスペースを確保できるという意味でもおすすめですよ。

布団をひき使わない時は畳む

子ども部屋が6畳の場合、ベッドを置けばそれだけスペースをとられます。それよりもラグを敷いてリラックスできるスペースがほしい、ローテーブルを置いて友達を呼びやすい部屋にしたいという希望があるのなら、ベッドを置かず布団を使うという選択肢もありますよ。

布団の上げ下ろしが手間と感じるなら、キャスター付きの布団干しがおすすめ。布団を掛け部屋の隅に置くだけでも、十分に広いスペースを確保できます。

マンション購入セミナー開催中!

初めてのマンション購入に関する疑問を専門家が徹底解説します!

参加費無料で、オンラインでご自宅から参加可能!
おすすめの物件もご紹介しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

6畳の部屋を男女二人で使う場合のレイアウト例

河川敷を歩く4人の家族

間取りによっては、男女のきょうだいで1つの部屋を使うこともありますよね。小学校低学年くらいまでは同性のきょうだいと同じレイアウトでも良いですが、大きくなってきたらプライバシーに配慮したレイアウトにしてあげてくださいね。

ベッドを両端に机を向かい合わせにする

男の子と女の子のきょうだいなら、ベッドは部屋の端と端に離したレイアウトがおすすめです。ベッドの間には棚付きの勉強机を配置し、パーテーション代わりにしましょう。お互いの視線が気にならなくなりますよ。

机は向かい合わせに配置することで、勉強中にお互いの顔が見えず集中力アップに期待できます。見えなくても声が聞こえるので、家族が一緒にいる安心感が得られるはずです。

部屋の中心に仕切りをつけて部屋を分ける

男女のきょうだいなら、将来的には部屋に仕切りをつける必要が出てくるでしょう。6畳なら大きなついたてを置いてしまうと圧迫感が出てしまうため、カーテンがおすすめです。壁と同じ色合いを選ぶと、狭さを感じにくいですよ。

可能なら、防音効果にも期待できる厚手のものを選んでくださいね。完全に音を遮断するのは難しいですが、軽減することはできるでしょう。

6畳の部屋を男女二人で使う場合の注意点

チェックボックスと赤いチェックマーク

1つの部屋を異性のきょうだいで使う場合、プライバシーへの配慮がポイントになります。6畳の部屋では、完全に一人の空間を確保するのは難しいですよね。6畳の部屋を男女二人で使う際の注意点をお伝えします。

年がある程度いったら部屋を分ける必要がある

6畳の子ども部屋では、プライバシーを守るのは簡単なことではありません。特に男女のきょうだいで使う場合、一緒に着替えさせるわけにはいかないですよね。

上の子どもに身体的な変化が訪れる頃には、部屋を分ける必要があります。カーテンで仕切るだけでよいのか、あるいは両親の寝室を譲るべきかなど、子どもたちが小さいうちに考えておいてくださいね。

本人たちが嫌がる場合は無理に一緒の部屋にする必要がない

親から見て「まだ二人とも小学生だから大丈夫かな」と思っても、本人たちが嫌がる可能性もあります。部屋が足りないからと我慢して共同で使ってもらうという選択肢もありますが、精神的な負担を強いたりきょうだいの仲が悪くなったりすることも考えられ、おすすめはできません。

どちらか一人でも嫌がるようであれば、部屋を分けることを考えてあげてくださいね。

子どもの成長に合わせて部屋を用意してあげよう

ピンクの可愛らしい子ども部屋

子ども部屋を何人で使うか、ベッドや勉強机をどう配置するかなど、成長に合わせてレイアウトを考えましょう。子ども部屋を二人や三人で使うことも不可能ではありませんが、上の子どもが思春期を迎える頃には部屋の分離が完了していることが理想です。

常日頃子どもたちの様子を観察し、子どもたちの要望を聞き取りながら、その時期を見定めることが大切ですよ。

まとめ

子どもは大きくなればなるほど、自分の部屋で過ごす時間が長くなるものです。親としては寂しさを感じるでしょうが、それも成長の証。子ども部屋が快適な空間になるよう、レイアウト作りを手伝ってあげてくださいね。

子どもたちの要望にしっかりと耳を傾け、家族一人ひとりが快適に暮らせる住まい作りを目指しましょう。

マンション購入セミナー開催中!

初めてのマンション購入に関する疑問を専門家が徹底解説します!

■セミナー内容:
・中古マンションのメリット・デメリット
・物件購入の全体的なスケジュール
・物件選びのポイントと探し方
・購入と賃貸ではどちらがお得?
・購入にかかるお金と資金計画の立て方

参加費無料で、オンラインでご自宅から参加可能!
おすすめの物件もご紹介しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

理想の物件を探す

さらに見る